台東区のピンゴッドが考える、物件価値を上げる施工

東京都台東区のピンゴッドです。
当社は、リノベーションを通して物件の価値を高める施工を得意としています。

低下価格の施工と、物件価値を上げる施工内容で、入居率や賃料アップを支援します!

リノベーションや原状回復工事は、ただ単純に見た目を綺麗にすれば良いというわけではありません。
その地域で物件を探すターゲット層に合わせた施工を行わなければ、いくら金額をかけたリノベーションであっても、無駄になってしまいます。
また、逆に安価な原状回復工事のみを行ったとしても、物件に魅力を感じられず空室が続くようであれば、意味がありません。

ピンゴッドでは、オーナー様・物件管理会社様にとって有益となる原状回復工事・リノベーション工事をプランニングします。

費用がかけられない場合は部分施工の工夫を

物件の価値を高めるための施工を行う上で、施工の予算に見合った工事をご提案しております。

しかしながら、リノベーションにかけられる費用は限られているためご要望によっては、すべてを叶えることが難しい場合もあります。
そういった場合、ピンゴッドでは様々な代替案を提案させていただいています。

そのひとつが、建具へのシート貼りです。通常、扉の交換や設備の交換となると、莫大な費用がかかります。
ですが、それをシート貼り施工によって見た目を再生することで、設備交換の費用を抑えることができます。

古く見える扉やキッチン設備などが物件の肝となる箇所ではない場合、シート貼り工事にて対応することがおすすめです。

物件の価値を見出す施工を

資産価値向上や空室対策を行うとなった場合、「この方法なら絶対に成功する!」という一律の方法は存在しません。
オーナー様の意向やその地域のターゲット層など、物件や地域の特色を踏まえて対策を取っていく必要があります。

ピンゴッドでは、これまで数々の施工実績があり、その経験を活かした臨機応変な対応が可能です。

空室が長く続いている物件オーナー様、既存の施工業者では満足な提案が得られない管理会社様、
是非一度、台東区のピンゴッドへご相談ください。

東京台東区で原状回復工事・リノベーションの事ならピンゴッドへ

東京都台東区を中心に、原状回復工事やリノベーションを行っておりますピンゴッドです。
当社では、「入居者様目線の施工」「資産価値を高める施工」をモットーに、皆様にご満足をいただける施工を目指しております。

「ご満足」と一言で言っても、「デザイン性」「作業のクオリティ」「コスト」……どこに重点を置くかはお客様により異なります。
大前提として「品質の高い施工をご提供する」ことはもちろんですが、その上で、お客様が重視する箇所をじっくりとヒヤリングし、工事プランをご提案いたします。

ピンゴッドでは、「収益性」を考慮してご提案いたします。
空室対策としての「原状回復工事」「リノベーション」をご検討中のオーナー様・管理会社様は、まずはお気軽にご相談ください。

「ただ単に原状回復工事をする」
「綺麗な部屋へ大々的にリノベーションする」

こういった工事は、どの施工会社でもできることだと思います。

ですがピンゴッドは、「なぜその施工が必要なのか?」をお客様にご説明しております。
物件を求める方にマッチしない工事を行うことは、無意味な施工だと考えるからです。

物件の周辺地域での家賃相場を考慮し、賃料アップのための施工プランも提案可能です。
当社は施工会社ではなく、皆様の良きアドバイザーとして、皆様の期待にお応えします。

築47年、東京都江東区新規リノベーション工事完了!

 

こちらが完工したお部屋になります!

雰囲気がありますね。

昼と夜とではまた違った表情を見せてくれます。

賃貸物件で躯体現しの物件は早々お目に掛かれませんよ。

 

 

◇施行の浴室

こちらが施工前ですが二点ユニットです。

 

洗面ボールは撤去してその背面にパネルを設置。

ワイドミラーに水栓金具を交換してホテルライクな浴室に。

よく見て頂くと浴槽、浴室が白い塗装できれいになっています。

特殊なエコバス塗装です。

床にはバスシートを上張りしています。

 

      

小物にもこだわりがあります。

メタル調のもので統一していきます。

 

◇トイレ

     

ウォシュレット便座は必ず設置します。

 

 

    

改めてbeforeとafterを比べてみましょう。

一般的なリフォームでも

費用がかかりそうな物件であれば

リノベーションの選択しかありません。

まずはお気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちらから。

 

 

築47年、東京都江東区新規リノベーション工事②

前回残置物を撤去して工事が開始となりました。

https://bit.ly/3osQGEs

残置物撤去後

こちらが着工直前です。

手前の畳を上げたところです。

 

まずはこのお部屋のクロス(壁紙)を剥がしてから天井を塗装します。

「躯体現し(くたいあらわし)」といういわゆるコンクリート打ちっぱなしで仕上げますので

丁寧にクロスを剥がしていきます。

本来であればこの躯体に石膏ボードを張ってからクロスを貼るのが一般的ですが、

予算の都合(ボードを張らないことで予算をカット)やデザイン性を総合的に判断して

今回は躯体現しで仕上げます。

躯体に直接クロスがはってありました。

クロスを剥がしてから細かいカスを洗い落していきます。

ただし、躯体現しは躯体の状態がきれいじゃないとできません。

きれいじゃなくてもできるのですが、きれいにするために費用が掛かる場合があります。

(鉄筋が出ていたり、建設時の指示などがマジックなどで書かれていたりするので)

 

今回は比較的軽度な清掃や研磨で済みそうでしたので

躯体現しで仕上げていきます。

こちらがきれいにクロスを剥がして天井に塗装を入れた状態です。

今回はここまで作業の紹介をしてみました。

次回は一気に雰囲気がわかる工事内容をアップしますのでどのように変わるかお楽しみに。

 

 

築47年、東京都江東区新規リノベーション工事スタート!

東京都江東区のリノベーション工事がスタートします。

今回は相続の相談から売却でリノベーションをしたいというご相談でした。




しかし...




室内は残置物がたくさんあります。

このような残置物の処分も承ります。










【残置物撤去前】

売却時の様子




【残膣物撤去後】

 







残置物撤去後の様子。

だいぶきれいになりました。




これでようやくプランニングにはいります。

賃貸物件として貸し出すので「どのような工事」で「いくらの賃料」が見込めるのか

近隣物件と比較してプランニングしていきます。

自分用の住居のように良いものは使いたいのですがそれでは「投資用」としては成立しません。

かと言って「安すぎるような部屋」では将来、再投資が必要になります。

次回はプランニングをアップします

お楽しみに。
お問い
合わせ
ページ
最上部へ
TOP
PAGE